定額制をお考えのお店の方へ

定額制/サブスクリプションの導入には、様々な期待と不安があるかと思います。

「安定収益の確保」「リピート率の向上」「定額以外の商品売上増大」という期待の一方、

「常連客の売上が減るのでは?」「値引きしたら原価割れしないか?」「新規のお客様が増えるか?」

といった不安があると思います。
お客様の定額制への期待は、おトクであることですので、当然の不安です。

店舗の不安(原価割れ客単価の減少売上の減少)

Sub.はそんなお店の不安を少しでも解消するために、

「継続的に決済する仕組み」「募集人数/利用回数制限」「対象店舗の順次追加」「複数チケットの販売」「Sub.サイトでの店舗紹介」「友だちプレゼントで口コミ拡散」といったシステムとサービスをお手軽価格で提供します。また、チケットの定額収入もお店に入るのが特徴です。

Sub.の特徴(決済の仕組みプレゼント機能店舗紹介利用回数制限複数チケット口コミ拡散)

カフェ、社員食堂、居酒屋、美容室、ネイルサロン、リラクゼーションサロンといったお客様の定期的な利用を想定しているお店は定額制に適していると思います。

Sub.で習うより慣れましょう!

定額に向いている商品について

導入を検討する場合、はじめに考えることは、どんな商品を対象にするか、だと思います。

カフェ美容室ネイルサロン飲食

Sub.の定額制は毎月料金が引き落としとなるので、「習慣性の高い商品」「毎月定期的な利用を期待するサービス」が向いています。

また、お客様は通常購入よりもおトクであることを期待するため、ある程度値引き出来る商品、つまり「原価率が低い」ものをお勧めします。

習慣性の高い商品の代表としてコーヒーがあります。しかし、コーヒーを定額にして、お店の回転率が下がるのが気になる場合は、テイクアウト限定のチケット販売からはじめることからできます。

毎月定期的な利用を期待するサービスとしては、美容室、ネイルサロン、リラクゼーションサロン、ヨガ教室などがあります。
これらのサービスは、新規のお客様に特別割引を行い、2回目以降に定価で販売するケースが多いと思います。この場合、2回目来店時のリピート率が課題です。
定額制の使い方として、2回目以降の来店に定額割引を適用しリピート率を改善するという方法があります。

Sub.を導入すると

これ以外にも、上手な定額制の使い方があるかと思います。良い成功事例ができましたら、ここで報告します。

mail

定額制の導入をお考えの方はこちらまでお問い合わせください。